腰痛に冷湿布は実はNG?

腰のつらい痛みを軽減するため、冷湿布などを使って冷やす対策を行っている人は多いでしょう。市販の湿布薬だけでなく、アロエやじゃがいもなどを使った手作りの湿布を使っている人もいるかもしれませんね。確かにこうした冷やして炎症を鎮め、痛みをとる治療が効果的な腰痛もあります。しかし全ての腰痛において効果的か、というとそうではないそうです。

冷やすと効果的な腰痛の種類は?

ではまずは冷やすことが効果的な腰痛はどんなものなのか。冷やすことが効果的な痛みの種類は、打撲や打ち身、ケガ。とくに赤くはれ、炎症を起こしているようなタイプには冷やす対策は非常に有効的。ケガをして赤くはれている状態は、皮膚の下で毛細血管が切れてない出血を起こしている状態です。なのでできるだけ早く出血を止め、これ以上ひどくはれないようにすることが重要といえます。

また冷湿布は筋肉痛にも効果的。筋肉痛は一見ケガではないように思えますが、実は筋肉がケガと同じような状態になっているのです。筋肉を急激に使いすぎたことによって筋肉が大きな損傷を受けており、少ないながらも内出血をしているため熱を持っていることも多いよう。なので冷やして効果的な痛みはケガによるものと筋肉痛、と覚えておくといいでしょう。ただケガも筋肉痛も冷やしすぎるのはNG。冷やすのはせいぜい1~2時間程度にとどめておかないと、今度は血流が悪化し過ぎてしまうこともあります。あくまで冷やすことは一時的な対策ということも、ぜひ頭に入れておいてください。

この腰痛は、冷やしてはダメ!

では逆に冷やしてはよくない腰痛のタイプはどんなものなのでしょう。それはデスクワーク症候群の症状にもあるような、慢性的な腰痛です。つねに腰が痛い、同じ姿勢をし続けていると腰が痛くなってくるといった腰痛持ちの人は、冷やすと逆効果になってしまいます。

こうした慢性的な腰痛の一因が、腰周辺の血流の悪化。肩こりと同じように血流が滞り、筋肉が凝り固まって起こっていることがあります。そのため冷やしてしまうとさらに血流が滞り、痛みが増してくることもあるのです。こうした慢性的な腰痛の対策は冷やすのではなく温めることが効果的。温湿布を使ったりゆっくりと湯船で体をあたためたり。腹巻などで腰周辺の血流を改善してあげると痛みが和らぐそうです。またショウガなどの体をあたためる食材を積極的に取り入れ、体が冷えないようにすることも効果的といわれています。とにかくあたためて血行をよくすることが慢性的な腰痛にはいちばんの対策、とおぼえておきましょう。

ただ痛みがあまりにも耐えがたい痛みが長期間続く場合は、単純な血行不良による腰痛ではない可能性もあります。椎間板ヘルニアのような、しっかりと診断がつく病気の飼うせいも考えられるため、我慢せずに受診してください。もし椎間板ヘルニアのようなものでなくとも、日常生活における注意点などアドバイスが受けられるはずです。また病院でもとくに問題が見つからず、それでも痛みがひどいなら鍼灸院のようなところもおすすめです。痛みの原因がわからないことが大半の腰痛の場合は確かな効果が実感できるまで、どんどん色々なところへ足を運んでみることも対策となるでしょう。

腰痛の問題は非常に根深く、デスクワークの人にとってはつらい症状です。痛みがあるまま仕事をしているとイライラしたり集中できなかったりと、いいことはありませんね。慢性的な腰痛を完全に克服するのは難しいかもしれませんが、冷やすことだけはしないようにしましょう。