ダイエットで腰痛とさよなら

腰痛は肥満からやってくることもあります。体の要である腰は、体重の負荷をがっしりと受け止める場所。当然その負荷が重くなれば(つまり体重が増えれば)、腰にも痛みが現れてきます。ダイエットすれば、一気に腰痛が消え去ることもあるので、侮れません。

でっぷりと太っている人でなくても、適正体重から少しオーバーしているだけで、腰には徐々にダメージが溜まっていきます。あなたにも、もしかしてダイエットが必要かも?

簡単な適性体重の測り方

まずは自分の身長に対して、どれくらいの体重が適正であるかを知りましょう。正確な値を知るためには専門的な検査を受けた方が当然いいのですが、簡単に適正体重を割り出す計算式もあります。男性の方は、「身長-110」、女性の方は「身長-100」してみましょう。残った数値が、おおよその適正体重です。超過していて、かつ腰痛を感じている人は、体重がその原因となっている可能性もあるので、軽くダイエットを始めましょう。

無理のない運動で痩せよう

「ダイエットをしよう!」と考える人の多くが、最初に摂食制限を選んでしまいます。しかし、結論から言えばこれはおすすめできません。食べる量を減らすと、精神に大きなプレッシャーがかかります。ストレスが腰痛・肩こりを悪化させる場合もあるので、逆効果にもなりかねません。肉体よりも、精神的な負担が少ないダイエットを選びましょう。

腰痛改善のためのダイエットに最適なのは、やはり運動です。「運動」と言うと、ジム通いや毎日のランニングを想像して気が引けてしまう方もいるでしょう。しかし、あらゆる場所で階段を利用する、会社の一駅前で降りて、そこからは歩いて出社するなど、ちょっとした習慣を変えるだけで体重は減ります。目安としては、1日で合計1時間程度、自然に体を動かす時間を作りましょう。それだけで、5キロ以上の減量は可能なはずです。

誰もが挫折を経験するのが、ダイエットというものです。しかし、完全にあきらめてしまうと、不本意にも腰痛は生涯の友となってしまいます。途中で嫌になっても、「腰痛軽減のためだ」と自分を鼓舞して、継続しましょう。