適正な姿勢とメガネが有効

デスクワークは目を酷使する仕事です。特に、パソコンが普及してからのオフィスワークでは長時間ディスプレイを見続けることも珍しくなくなっています。このような環境の中では眼精疲労や目の痛みが心配です。目の痛みの軽減には姿勢を正すことと適切な眼鏡の着用が有効です。

集中するあまり画面にかぶりつきとなる弊害

事務処理端末にデータを入力する作業や、パソコンでビジネス文書などを作成する作業が主な業務となるデスクワークの場合、モニタディスプレイを見つめ続けることが習慣となってしまいます。それ自体は仕事ですから良い悪いの話ではありませんが、習慣化するということは、気付かないうちに目に悪影響を及ぼす危険があるのです。

集中してくると一心不乱に画面を凝視してしまうものです。それだけでも良くないのですが、次第に画面が見にくくなるという問題があります。長い時間をかけて徐々に悪くなるケースでは、本人がそれに気付いていないこともあるのです。実際には見にくいのでより画面に顔を近付けることにもなります。いわゆるかぶりつき状態ですが、これは姿勢にも悪影響を及ぼします。

姿勢を正して適正な距離を保つために

姿勢が悪いと目だけでなく肩や背中、腰の痛みまで引き起こしかねません。ですので、背筋を伸ばしてきれいな姿勢を心がけたいものです。しかし、ニワトリと卵の話ではありませんが、画面が見辛くなると正しい姿勢を保てなくなるものです。

そこで必要になるのがメガネです。見えにくくなっているのに姿勢を変えることで対応するのではなく、姿勢を変えないで見えるように眼科医で処方してもらうメガネを着用するのです。きちんとメガネを使用すれば、眼精疲労の原因の一つが取り除かれます。

メガネは目の痛みの予防策でもある

メガネというと目が悪い人がかけるものというイメージがありますが、デスクワークのパソコン作業では目が悪くない人でもかけた方が良い場合があります。例えていうなら、陽射しがきついときに使うサングラスのようなものです。最近では、度の入っていないパソコン作業専用のメガネも販売されていますので、活用を検討するのも良いでしょう。

主にブルーライトをカットするメガネは光による目に対する刺激を軽減してくれます。ただし、色を使う作業をする場合は適さない可能性がありますので注意しましょう。また、手元とモニタを交互に見る頻度が高いパソコン作業の特性に着目した遠近両用メガネ的なものもあります。

ちゃんとしたメガネを使用すれば、姿勢を崩す必要もなく作業効率も良くなるでしょう。メガネで注意したいのは、合わなくなったものを使い続けると目の疲れや痛みを酷くする危険があるということです。しっかりとメンテナンスを心がけてください。