3つのグッズで朝も楽ちん

起き抜けには、誰もが体に強張りを感じるはずです。出勤の支度をしているときに過激な動きを取ってしまうと、ぎっくり腰を起こす可能性もあります。だからと言って、ストレッチやジョギングをする時間的な余裕がある人も、日本の社会人には多くないでしょう。

腰痛持ちの人のために、朝の支度をサポートしてくれるアイテムを、いくつか紹介しておきます。少しでも負担を減らして出勤し、さあ、今日も1日頑張っていきましょう。

スツールで軽減できる腰痛

背もたれのない小さな椅子、スツールがあると、朝の支度もかなり楽になります。持ち運びが楽ちんな、軽いスツールを手に入れましょう。洗面台へ、キッチンへと動かして座って作業すれば、かなり腰の負担は減らせます。イケアなどの量販店では1000円前後で売っているので、腰痛持ちの人は必ず1つはゲットしておくべきです。

玄関先のマルチハンガー

通勤用のカバンを地べたにベタッと置いていると、毎朝屈んで手に取らなければなりません。恐る恐る屈んで腰に「グキッ!」と電撃が走ることもあります。毎日使う通勤カバンは、なるべく前かがみにならなくても済む位置にセットするのがベストでしょう。

玄関先に「マルチハンガー」と呼ばれる小さめのハンギング台を置いておくと、かなり負担が減らせます。これも比較的安価な品なので、腰痛持ちの人は必ずご準備を! カバンの他に、コートや傘などをさらっと掛けることもできる、何気に用途の多い品です。

ロング靴べらで楽々と

腰痛持ちにとって、出勤前の最大の難所は、玄関で靴を履くとき。革靴はスニーカーのように柔らかくないので、どうしても屈んで履かざるをえません。毎朝辛い思いをしている方は、ロング靴べらを利用してみてはいかがでしょうか。大体70センチ程度の長さがあれば、楽に着用できます。これもついでにマルチハンガーに掛けておくと良いでしょう。

腰痛持ちの人以外にとっても、何かと腰へのプレッシャーが多い朝。3つのアイテムがあれば、きっとスムーズに出勤できるはずです。5000円もあればすべて手に入ってしまうので、毎朝の生活の質を上げるために、購入を考えてみてはいかがでしょうか。